効果・お客様のお声を
ご紹介いたします
Customer Voice

インタビュー

株式会社シーユーシー経営管理部 部長 平塚寛彰様

プロフェッショナルな集団をマネジメントするために

EBC Reports ~わたし達の取り組み~

今回、「ひとマネジメントスキルトレーニング」の導入事例として、株式会社シーユーシー経営管理部部長の平塚寛彰様にお話を伺いました。

突然、上司から「受けてきなよ」と勧められて受けたトレーニング。「どんなものか」と思い参加したところ、深い気づきと学びがあったとのことです。実際にトレーニングを受けてみての感想や、現在の仕事に活かされている点などを伺いました。

なぜ、トレーニングを受けたのか

ー 現在の仕事内容と、このトレーニングを受けた理由を教えてください。

当社は医療法人への経営支援をしている会社になりまして、私はそのなかの経営管理部に所属しています。普段の業務内容は自社及びグループ各社の業績管理や経営企画、財務面を主に担当しています。自社だけのことではなく、経営支援先である医療法人のお手伝いをすることもあります。

当社は現在、新卒・中途を含め、多くの人員が入社しており、非常に早いスピードで拡大を続けており、部署のメンバーも同様に拡大してきました。

そのようなタイミングで、会社から「研修を受けてきてほしい」と指名を受けたのが、トレーニングを受けたきっかけです。最初は何もわからないまま、「ひとマネジメントスキルトレーニングとはどんなものか」と思い参加しました。

一般的なマネジメント研修やコーチング研修との違いとは

ー マネジメント研修は、世の中に色々あります。スキルや技術を伝達する座学的なものと、役職者としての在り方など、人にフォーカスしたコーチング研修など様々ですが、実際に受けてみて他の研修との違いはなんでしょうか?

おっしゃる通り、世の中には様々な研修がありますし、私自身もこれまでにいくつかの研修を受けてきました。

私の知っている範囲にはなりますが、世の中にあるマネジメント研修の多くは、経営指標の分析の方法や経営戦略のフレームワークの使い方、またコーチングであれば叱り方のハウツーなど、スキルや技術を身につけることに主眼を置いていると思います。しかしこのトレーニングについては、人間の本質的なところを扱っている研修だと感じました。

スキルや技術をいくら覚えても、それだけでは結果を出すことはできません。実際の現場では、組織で働く一人ひとりがチームで協力をしなければ目標を達成することはできせんので、人と人との関係性が重要になってきます。

この、「関係の質」の重要性に気づかされたのが、本トレーニングでした。

関係の質とは、部下や同僚とのコミュニケーションの質。そして、チーム内でのコミュニケーションの質。自分が何を考えているか、本当に大切なことはなにかを共有し、全体できちんとコミュニケーションをとることで、チームのパフォーマンスが結果的に変わることに気がつきました。

ー 「関係の質」について、もうすこし詳しく教えてください。

トレーニングでは、結果を変えるためには、4つの質が重要であると教えられます。

ひとつは先ほど申し上げた、チーム内での「関係の質」。その関係の質が改善されると、一人ひとりの捉え方や考え方、つまり「思考の質」が変わっていきます。一人ひとりの思考の質が改善されると、今度は「行動の質」が変化します。そして行動の質が変化すると、最後には「結果の質」も変わるのです。

この4つの質が円を描きながら循環すること。そして、まずは私と部下や、ともに働く仲間との関係の質を変えることが大切だということを学びました。

実は私は、このトレーニングを受けるまで、「できる人だけ頑張って、結果を出せればいい。できなければ仕方がない」と考えていました。関係性が結果に影響を及ぼすとは、考えたこともなかったのです。そのため、これを知った時は目から鱗が落ちる思いでした。

現場で活かしている学びについて

ー 今回のトレーニングを受けてみて、実際の現場で意識して活かしていることはありますか?

先ほど申し上げた「関係の質」を改善するために、まずコミュニケーションの仕方を変えました。具体的には部下と接する際に、なぜこの仕事をやるのか目的を伝える、またこちらが考えていることをきちんと伝えるなどを意識しています。たんに仕事をふって終わり、ではなく、その目的や私の考えをきちんと伝えること。「やってくれるだろう」と楽観的に考えるのではなく、きちんとコミュニケーションをとることが重要だと感じています。

またそれと同時に、「相手に考えさせる」ことも強く意識しています。関係の質と同様に、自分の頭で考えさせることの重要性も、本トレーニングで教わりました。

自らの頭で考えてもらうためには、こちらからもできる限りの情報や意見、また個人的な思いなどを伝えなければいけません。そのように関係の質を変えていくと、部下の思考の質が変わっていくのです。

そのようなコミュニケーションをとり、一定の期間を与えたのちに、きちんと自身の頭で考えたのかを尋ねる。一見遠回りのように思えますが、全体の効率や本人の成長のためには必要な工程だと感じています。

組織のパフォーマンスに出た影響について

ー 実践されてみて、どんな変化がありましたか?

まだ過渡期なので判断の難しい部分がありますが、関係の質を改善することで、上司と部下の人間関係が萎縮したものではなく、より親密で距離の近いものになっているのではないかと感じています。

萎縮した人間関係だと、部下は自分の意見を言えなくなってしまうし、上司もなんとなく部下に遠慮してしまう。それでは仕事で、良い結果が生まれないと思っています。

関係性の質の改善は、たんに仕事のコミュニケーションを円滑にするだけではなく、仕事をする上でのベースの人間関係構築にもつながっています。普段からそのように良好な人間関係、すなわち関係の質が高いレベルにあれば、いざ仕事をするときに硬直した人間関係にならず、一人ひとりが自分の頭で考え、意見を言い合える環境になるのではないかと感じています。

結果的にメンバー同士の動きや行動も変わり、より掲げたゴールへと早くたどり着けるのではないでしょうか。

トレーニングをお勧めしたい人材とは?

ー このトレーニングをお勧めするとしたら、どのような方にお勧めしたいですか?

すべての人にお勧めしたいですね。役職やポジションに関係なく、多くの人にとって必要なものが、このトレーニングには詰まっていると思います。私にとって大きな気づきのあった関係の質の改善は、どの現場でも重要な事柄だと思いますから。

ー 本日はお話を聞かせていただき、ありがとうございました。